粋な着物で

そういえば。

先日、成城超成金で柳亭小痴楽「五人廻し」
みたあと、
録画していた五街道雲助「徳ちゃん」「五人廻し」
をみました。

サゲがちがったーーー

小痴楽は「一両あげるからあんたも帰って」
雲助は相撲取り

サゲとしては小痴楽さんのがすきです。
わかりやすい。
こういうので誰に稽古つけてもらったかわかるのかな

『十八番の噺』読んでると
白酒さんが「郭噺は古今亭」と言ってますが、そうなのか。
溝口健二監督作品とかすきだからか、郭噺、大好きです。

ちなみに雲助さんの「徳ちゃん」とてもおもしろかった!
床が抜けるとこを想像するとおもしろい。
廊下の細さも目に浮かぶ。

郭噺って江戸っ子、って感じの口調と様子の方がいいのかな。

先日、入船亭扇辰さんの落語をテレビで見て、
私はおもしろかったんですが、旦那Tは「苦手」と言う。
なるほど。
Tは江戸江戸した口調の人がすきではないのだな。
小痴楽さんすきじゃないし。
最近は喬太郎さんがお好みらしい。
大成金・・・。
一緒に行くチャンスだったが、クリスマスイブは仕事休みたくない・・・

小痴楽さん、また「五人廻し」やってほしいな。
粋な着物でわーわーと。すきなんだけどな。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ